読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーまりりんさんの独り言

小学5年の子どもと毎日格闘しているアラフォーシングルマザーのまりりんです。母として女性としてもっと充実した時間を生きたいと日々奮闘中!日々の出来事や女磨きネタなどについて独り言を書いています。

乾燥小じわや緩みの原因と予防ケアについてどのようなものがあるでしょうか

齢を重ねていても若若しい膚でいたいという方は、日光黒子や緩み解消のスキンケアが必要です。

鏡に映った自分の顔をあらためて見たとき、小皺やタルミができているということにふと気がつく時がありませんか?若いころの顏立ちと今を較べると、雀斑やタルミが増えてしまった分、齢を取って見られる事が多くなったと感じる人も多くいらっしゃいます。

人前に出る際、目もとや顏は初めに相手の目にとまる場所ですが、目蓋が垂れ下がって、眼のまわりがくぼんでいると、実際の年齢よりも上に見られるかもしれません。年齢よりも老けた印象に見られる原因として、顔の線が緩みのせいで丸くなってみえることが挙げられます。

自身の年齢より歳を取った印象に見られやすくなる要因の1つに、目じりや口元に小ジワが出来ることにより、緩みが目立ってしまうことにあるのです。強い日の光を長期に渡って浴び続けていたり、食事の好みが偏りがちの場合、皮ふの弾力が弱くなってしまうケースがあるのです。

直射日光に皮ふが当たると、皮膚はダメージを受けてしまい、ヒアルロン酸(hyaluronic acid)や体の水分が角質層の中にとじ込めておけなくなり、乾燥状態になることによって張りが失われてしまうのです。

頭頂部からお顔へとつながっている膚の血液を流れ易くするために、マッサージして血のめぐりを良くして、皮膚の状態を健康な状態に戻していくといったアプローチも非常に効果的です。

眼の周り、唇周り、前額部、眉根etc、人間の顔のなかでも皴ができるやすい箇所はいくつかあります。身体の成立ちや、生活習慣、顏のくせ等によって、豊麗線に皴ができたり、ちりめんじわが出来たりします。

お膚に刻まれたしわや弛みを目立ちにくくするなら、日常的に感じるストレスを緩和する事や、なるべくバランスのとれた食事内容を意識していくこと、ぬるま湯洗顔や美容対策をキチンとおこなうことが大切です。

敏感肌の女性のためのエイジングケアにはアヤナスがおすすめです。